Someday Somewhere

A little something to say in my everyday life

『食のバランス型紙によるしあわせダイエット』

以前、主人がネフローゼになり自宅療養していた時期に購入した本。 この本を知ったきっかけはNHKのためしてガッテンで紹介していたから。

食のバランス型紙によるしあわせダイエット

食のバランス型紙によるしあわせダイエット

 

 でも、ネフローゼでなんでこの本?と思うだろう。 もっと、腎臓病関係の本のほうがいいのではとか。

主人の場合、一度入院して落ち着いたかのように見えていたのに再発。 再度入院し、退院後は定期的に通院。 その間もずっとステロイドを服用。 このステロイド。 様々な副作用があると言われているのだが、その中の一つに食欲が出てしまうことが挙げられる。 自分で注意していないと糖尿病になってしまうほどらしい。 だから、主人は通院で行う血液検査のたびに「ステロイド性糖尿病」のサインが出ていないかという点もチェックされていた。

でも、ステロイドを服用している為、免疫力が普通の人より低下している。 だから栄養はしっかりつけなくてはいけない。 なのにカロリーが高いものはダメ。 塩分もしっかりひかえなければいけない。 こうなると、いったい何を食べればいいのかわからなくなってしまっていたのだが、そんな時に知ったのがこのバランス型紙。

毎食、毎日摂らなくてはいけない栄養をきちんと摂れているか、またどんな食品・食材がどの栄養グループに当てはまるのか等、目で見てわかり易いように作られている。 慣れてしまえば必要ないのかもしれないけれど、それまではこういった型紙やカードのような形を取り入れるのも一つの方法なのかもしれない。

この本の目的は一応ダイエットのようだが、食事内容はダイエットというよりは健康な体作りといった感じがする。 炭水化物や油はひかえ、野菜をたくさん食べることによって満腹感をみたす。 また、コンビニでランチを調達する場合も毎食必要な栄養グループを思い出しながら食品を買うようにすれば、ちゃんとバランスのとれた食事になるなど、普段の生活の中でも役立つことも含まれている。

この本を購入した当初は結構参考にしていたのだが、主人の場合、糖分、油、塩分以外にもカリウムはダメなど、普通のダイエットの範囲をこえて注意しなければならない事もあったので、本のとおりというわけにはいかなかったが。