Someday Somewhere

A little something to say in my everyday life

『手帳をA5無地ノートにしてみたら仕事がうまくいくようになった』

もう既に終了してしまったのですが、先月の中頃(7月17日)までAmazonのプライム会員限定でKindle Unlimitedが2か月間99円というセールを実施していました。

Kindle Unlimitedは以前数か月間だけ利用していたことがあります。 当然ですが、読みたいと思う本ばかりではないわけで、興味のある本を読んでしまうと、読むものがなくなり、尚且つKindle Unlimited扱いの本の入れ替えも遅く、結局このサービスを利用するのは止めてしまいました。

止めてから暫く経つので、今はどんな本がKindle Unlimited扱いになっているか見てみると、以前とはだいぶ変わっていたので、とりあえず2か月間だけのつもりで申し込みました。

Kindle Unlimited扱いの中の1冊がこれ(↓)。

読んだ結論から言うと、タイトルには「手帳」という言葉が使われていますが、内容は「ノート」の使い方の一例だった、というところでしょうか。

A5サイズのブロック型マンスリーを表紙の裏に貼ったり、A4サイズの年間カレンダーをノートに挟んだりと、一応スケジュール等も管理できるようには工夫されていますが、あとは見開き1ページを1日にあてて使っていくという方法。

過去の記録に関しての検索もしやすく工夫されてはいるようですが、手帳としては使いにくいのではと思います。

本文中に何度も出てくる著者の言葉、「使い方は自由」とか「自分の用途にあったカスタマイズ」。 これは、ある意味当たり前のことで、カスタマイズしやすいのでわたしはシステム手帳派なんですけど・・・。

この本の内容はブログの記事に書くぐらいで十分なのではと思ってしまいました。 個人的に参考になる箇所はありませんでした。