Someday Somewhere

A little something to say in my everyday life

Evernoteで日記をつける

日記というほどではないのですが、何か覚えておきたい・覚えておくべき事があった時はEvernoteに箇条書きで書き留めています。

Evernoteで日記をつける方法について書かれている記事を見ると、一日1ノートで毎日書いていくといったパターンが多いようですが、こうするとノートがどんどん増えてしまいます。

わたしは10年日記のように、ある一日の一年前、数年前がぱっと見れるようにしたかったので、書き込む時にちょっと面倒ですが、以下の方法で使っています。

12個のノートブックを作成

ノートブックの名前は、それぞれ1月、2月と12月まで作成します。 ちなみに、ノートブックのリストが見やすいように、「101.January」「102.February」という感じで、ノートブック名の頭に数字をつけて作成しています。

各ノートブック内に29個~31個のノートを作成

次に、各ノート内にその月の1日~末日までのノートを作成します。 1月なら1日から31日まであるのでノート数は31個になります。 各ノートのタイトルは、1月1日なら「0101」、1月2日なら「0102」といった具合でタイトルを付けていきます。

こうすると、何年たとうが、1月のノートブック内は31個のノートだけのままということになります。

各ノートの中身

12個のノートブックと365日のノートを作成したら、あとは書き込むだけです。 書き込む時の注意点としては、後から見た時に、何年何月の事なのか見やすいように自分で工夫して書くことぐらいでしょうか。

例えば
「101.January」というノートブックの「0101」というノートを開くと

180101・H30・月
家族で初詣に行く。

170101・H29・日
親戚が来る。

 こんな感じで、書いていきます。

月日の箇所は太字にするとか、休日と祝日は赤色にするとか、自分で見やすいように変えてもいいと思います。

何も書くことがない日もあるので、日によっては去年や一昨年の日付が無いものもありますが、まあ、あまり細かいことは気にしない質なので。 とりあえず、覚えておきたいことは箇条書きで書き込んであるので、「あれ、いつだったっけ?」という時には役立っています。

また、書き込む時に、「3年前はこんなことしてたのか・・・」みたいなこともあり、これぞ3年・5年・10年日記といったところでしょうか。 だいぶ前から書き込んでいるので、日にもよりますが、たまに15年ぐらい前の記述があり、自分で驚いたりしています。(古い記述は、昔の手帳を断捨離した時、Evernoteに書き写したものもあるので、Evernoteが出現する前のものもあったりします)

ちょっと不便を感じるとき

日記とかライフログというよりは備忘録的なものとして使い続けていますが、ちょっと使いにくいと感じる部分もあります。

・いちいち、その日のノートを開く必要がある
・ノートに「181001・H30・月」などと書き込む必要がある
・紙をめくる感じでは見れない(デジタルなので当然かもしれませんが、一冊の本のようになった数年分の日記のページを一枚一枚めくりながら見るのも捨て難いと思ってしまう)

Evernoteのこの使い方はこれからも続けていくつもりですが、紙の日記帳もつかってみようかと思うこの頃です。